行方調査とは初心者でも理解できるように解説します

行方調査は探偵によって昔から行われてきた調査の一つです。特に警察が介入しないような、民事で起こったことが原因で人探しをしたい時に利用したい調査方法です。認知症等の病気や人間関係、仕事での失敗等を理由に、毎年多くの行方不明者が出ています。警察に頼ることができず個人で探し出すことが難しい場合、探偵を利用すると独自の調査方法を使って失踪した対象者を探し出せるケースがあります。方法はインターネットを通した調査や、聞き取り調査のほか、探偵の持つネットワークを使用して探し出していきます。調査が上手くいくためには、依頼人が渡す情報が重要で、対象者のことをどれだけ詳しく知っているかが、居場所を突き止める大切な要素となります。正確な情報であるほど、調査期間も短く費用も抑えられる傾向にあります。

行方調査の内容と失踪原因について

行方調査は、人探しや所在調査とも呼ばれ、何らかの理由で行方が分からなくなってしまった人を、調査を通して探し出すことを指します。日本での行方不明者は、例えば平成25年度は8万人程度おり、探偵の調査で古くから行われている調査に一つです。行方不明者のうちのほとんどは、その所在がほぼ判明しますが、警察によって発見されたものと探偵の調査によって発見されたものに分かれます。警察は民事不介入という原則があるため、捜査の必要性があり親族または家出人の届出がないと調査は行われません。一方、探偵の行方調査は恋愛や仕事、精神的な理由をはじめとして、依頼さえあれば調査が行われます。認知症が原因で失踪してしまったり、家族関係の悪化に伴う家出等、様々な失踪原因に対応した行方調査が行われます。

行方調査の方法と依頼する時のポイント

行方調査の方法は、調査の対象となる人がどんな理由で行方をくらませたのか、どんな生活を送っているのかによって大きく変わります。例えば、探す対象となっている人が一般的な社会生活を送っていれば、情報網を通して見つかる可能性が高まります。しかし、予測することも難しく、潜伏しているようなケースでは難易度が急に上がります。良く見られる調査方法としては、SNS等を通して調べたり、居る可能性のある場所で聞き取りを行うといった方法が見られます。探偵独自のネットワークが最も重要で、それによって費用や時間に大きく影響すると言えます。行方調査が成功するかどうかは、依頼人が探偵に伝える情報にも大きく左右されます。個人情報をはじめとして、交友関係や趣味や仕事の経歴等、正確な情報をできるだけ多く伝えることが重要です。