行方調査について基本的なことから丁寧にお伝えします

どうしても会いたい人がいたり、身近にいた人が突然いなくなってしまったと時、どのように対応すれば良いのでしょうか。犯罪等の可能性があれば警察に捜査協力を依頼することで見つかる可能性があります。しかし、犯罪等の可能性が少なく警察が動いてくれない場合は自分自身で何とかするしかありません。その時に利用できる方法が、探偵事務所による行方調査です。行方不明者は年間8万人以上おり、警察や個人の力だけではカバーできていないのが実情です。行方調査は聞き込みなど古くからある方法を使っての調査や、最新の機材を使って行方不明者を探し出すことができます。警察と違って営利目的の事務所に依頼するため、費用もかかり悪質な業者もまざっていますが、人探しの選択肢として知っておくと良いかもしれません。

行方調査の内容や必要な費用と期間

行方調査の基本は、情報収集と分析です。依頼主からの伝えた情報と、探偵事務所側で集めた情報を合わせて、失踪者がいそうな場所に見当をつけていきます。依頼者側の情報は、失踪者の氏名や携帯電話の番号、仲が良い友達や趣味等が該当します。また、失踪者が住んでいた部屋からもノート等から重要な情報が得られることがあります。探偵事務所側は、インターネットによる情報収集や蓄積された調査例から失踪者の行動パターンを分析していきます。費用については、少なくとも30万円程度はかかることが多く、期間が長くなるほど依頼主の負担は増加します。失踪者が痕跡を残しておらず、計画的に行方をくらましていて、原因が分かっていない場合が最も調査難易度が高くなります。依頼主側も、長期戦になる可能性やうまくいかない場合を想定しておく必要があります。

様々な失踪原因と行方調査後の失踪者のケアについて

失踪原因は多岐にわたっており、失踪した理由が分かっていないのであれば、調査と平行して調べておくことが重要です。理由としては、家族との関係が上手くいかなかったり、学校や会社でのストレスが原因であったりというケースが見られます。また、夫に愛人がいてその不倫相手とどこかへ行ってしまったり、借金が原因で夜逃げしたという事例も見られます。認知症が原因で自宅に帰れないケースも増えていて、特に問題視されています。行方調査が上手くいって失踪者が見つかったとしても、その原因が残ったままだと失踪が繰り返し行われてしまう可能性があります。そのため、調査後の失踪者と原因の解決に関して話し合うことは必須とも言えます。二度と失踪を繰り返さないためにも、失踪者の気持ちを考えてケアしていくことが大事です。