行方調査に役立つ知識を詳しく説明します

行方調査を実際に依頼する前に、いくつか確認しておいたほうが良い点があります。行方調査には当然費用がかかりますが、その費用は依頼人が調査側に伝える情報量とその質によって大きく左右されます。情報がきちんとしていてその量が多いほど、調査がスムーズに進む確率があがり、依頼が成功しやすくなるため発生するコストも安くなります。事前に見積もりを知りたい場合は、依頼する探偵事務所に対象者の情報を相談すると、その情報内容によって調査費用を提示してくれます。情報に関しては基本的な個人情報だけでなく、趣味や考え方、好きなお店や使っている銀行等を事前に整理しておくと良いでしょう。どんな細かいことでも調査の成功率に影響するかもしれないため、依頼人が勝手に不要な情報と判断しないことが大切です。

行方調査を依頼する前に知っておきたい知識

どうにかして居場所が分からなくなってしまった人間に会いたい時、探偵に行方調査を依頼するという手段があります。事務所によって所在調査等、言い方が異なっていることがありますが、基本的には居なくなってしまった人を探し出す調査のことを言います。調査依頼をする理由としては、以前付き合っていた人にもう一度会いたいといった理由や、お金のトラブルや人間関係で失踪してしまった人を見つけたいといった理由が挙げられます。情報が正しく新しいほど、調査が成功しやすく負担するコストも抑えることができる傾向にあります。安くても約30万円程度が相場と言われていて、見積もりを出してほしい場合には事前に対象者の情報を伝え相談することになります。特に対象者が家出の場合は、その人が生活していた部屋を見せられると良いでしょう。

調査依頼する探偵に伝えておきたい情報

行方調査が成功するかどうかは、探偵事務所の調査力も大事ですが、事前に依頼人から与えられる情報が鍵を握る部分が大きいです。依頼人自身が伝える必要がない情報だと考えても、調査側にとっては有益な情報である可能性もあるので、相談する前に対象者の情報を整理しておくと良いかもしれません。具体的には、対象者の名前や住所、電話番号等の個人情報をはじめ失踪した時期等です。趣味やどんな性格なのか、良く利用していたお店の名前や交友関係も把握していれば立派な情報源になります。車を持っているならその車のナンバーや、銀行口座の種類等も知っているとより良いでしょう。写真を持っている場合は、顔と体型がはっきり分かるものが良いです。女性の場合、化粧によって雰囲気が変わるので何枚か持っていくとより良い情報となります。