行方調査の基礎知識をお教えします

疎遠になってしまった後に行方がわからなくなった親戚や友人にもう一度会いたい、急にいなくなってしまった家族や恋人にもう一度会いたい等、行方が分からなくなってしまった人を探したいと考えた時に有効な方法が、探偵事務所や興信所が行っている行方調査を利用する方法です。行方不明になってしまう人というのは、意外と多く、その場合は諦めるしかないと考えてしまう人は少なくありません。ただ、様々な事情でもう一度会いたい、会っておかなければ後悔をするという状況になってしまう事は珍しくありません。その時、知り合いに話を聞きながら、その人を探すという方法も可能です。ですが、相手によってはそれでは見つからない可能性もあります。本気でその人の行方を調査したいと考えるのであれば、プロの手を借りるという事がおすすめです。

素人とプロの大きな違いとなるのは

行方調査をしたいと考えた時に、探偵に依頼をする大きなメリットは、全国的な調査が可能になるという事です。探している人が、普段の行動範囲内にいる、もしくは誰かに連絡先をしっかりと教えた上でいなくなっているのであれば、個人でもその行方を特定する事が出来ます。ただ、人によっては誰もその行き先を知らないという事も珍しくありません。そしてその場合、日本のどこにいるかも分からない、場合によっては日本にいないという可能性もあります。個人で日本各地に飛び回るという事は簡単ではありません。ですが、探偵事務所の中には全国的なネットワークを持つ事務所もあり、この場合、国内にいる可能性があるのであれば、しっかりとした調査をして貰う事が出来ます。ですから、個人で探せない場合、行方調査を依頼する事がおすすめです。

人を探す調査にかかる費用というのは

探偵に行方調査を頼んだ場合、かかる費用は50万円から100万円程度を考えておく必要があります。事務所や調査内容によっては50万円以下で済む事もあれば、調査によっては100万円以上かかる事も少なくありません。行方が分からないといっても、1回引っ越しをした後に、そこで定住をしていれば簡単に見つかる事になります。それに対して、何度も引っ越しをしていると、調査が難しくなるだけでなく、場合によっては日本全国を駆け回る必要が出てくる事も少なくありません。ですから、調査費用というのは探して貰いたいと考えている人の状況によって大きく変わってくる事になります。ただ、安くても30万円から50万円程度は必要になってくる事が一般的です。ですから、それだけの予算はしっかりと準備しておく事がおすすめです。